スポンサーリンク

No.11 妊娠、出産で駅前留学の夢破れ、その先に決意したことは!

広告HEAD

プー太郎生活=駅前留学生活の夢破れた時期に妊婦になった私。
これまた、予想外の酷いつわりが出産日まで続き、英語学習は完全ストップに。

赤ちゃんが8ヶ月になった頃に、実家の母に
ベビーシッターを頼み、週一で駅前留学をする決心をしました。

チケットは有効期限があって、このままでは、もう消化しきれないのが明らかでした。

そこで、三回分のチケットを使えばマンツーマンで受講できる制度を利用することに。

先生との会話を独り占め!

しかし、、

講師によっては、この状況を嫌がる輩も!
だって、マンツーマンとなるとサボれませんものね!

「どうしてマンツーマンにするの?お金持ちなの?」
とか 言われたり(≧∇≦)

4ヶ月ほど週一 マンツーマン受講しましたが、手応えは得られず、
まさかの第二子を妊娠(@_@)

ついにチケットを大量に捨ててしまいました。

駅前留学さよーならー

赤ちゃん2人の面倒みながら、2人がお昼寝中に ヒヤリングマラソンを聞いたり、ラジオ講座の録音を聞いたりしていました。

大金を捨ててしまった後悔と、英語をものにするには先々かなりの金額がかかると思うと、英語道が閉ざされたように感じました。

そこで、ある決心を!

旧友と電話で話しをしていて、彼女の子供さんが最近、子供英会話教室に通っている
と聞いたのです。

英語の先生は主婦で、自宅で子供英会話教室を運営してると!

これだ!とピンときた私は、
早速 アルクの認定児童英語講師になるための通信教育を受講することにしました。

英語で稼いで、そのお金でまた英会話スクールに!

またまた夢が膨らみ始めたのです(*^_^*)

PC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする