スポンサーリンク

No .12子供英会話教室開校に必要なものは発音力 会場 広告資金 教材

広告HEAD

アルクの認定児童英語講師になり、いよいよ開校準備にはいりました。

アルクへの認定申請の時、面接時に必ず聞かれたのは、

教えるスペースはあるのか?家族の理解を得てるのか?の2点です。

私は自宅マンションのリビング(12畳)を教室に。必要な什器はテレビ、オーディオ機器、ホワイトボード。

子供英会話は、ゲームをしたり、踊ったりするので、動ける空間として六畳ぐらいは必要だと思います。

そうそう必要なのは、1番に生徒さんですよね!

アルクのサポートとしては、アルクが発行している冊子(全通信講座の受講者に発送される)に全国スクール情報のリストに載せて貰える。

もう一つは配布または、掲示ようの広告チラシをカラー版で廉価で申し込めました。しかし、新聞の折り込みに依頼する枚数となれば、かなりの金額になりました。

看板も1枚頂けました。

私が実行したのは

◆新聞に折り込み依頼2度

◆地域の住宅に歩いてポスティング

◆当時は可能だったDMを地域の児童に郵送◆近くの小学校2校の入学式の日に 校門近くで父兄に手渡し

◆同じマンションのママ友に打診

5月開校時には8人の生徒さんが集まってくれました。

幼稚園児から小学生五年生で、クラスは3クラス編成。

入会費5,000円

週一回でお月謝5,000円

の設定をしました。

子供英会話講師の日々は

また 追って(*^_^*)

PC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする