スポンサーリンク

No.19 長い英文は文型を見極めて、真の動詞を見つける!

広告HEAD

英文を読むとき、長文の時も 文頭から順に理解していく癖をつけましょう。

はいえ、意味が取れずにつまずく事もしょっちゅうですよね〜

そんな時は、じっくりと英文を眺めて、果たしてどの単語が、真の動詞か?

を考え抜いてくださいね!

先日、大学生の娘からラインで写メが送られてきました。「1行目がどうしても解らないから助けて!」

“DEBATES over how to fund higher education never lie dormant for long.”

主語は勿論 DEBATES

論争は、、んover ?

over ? 動詞もありますよねー

文法的にも、主語 の論争 の複数形とマッチしてる。

しかし、以下を読み進めていくと、

never lie が どうやら真の動詞のようだ!

私の娘は きっとこのover の前置詞の意味がわからなかったのだろうなー

と私は推測!

で、主語はDEBATES で

次にあるover は 前置詞で、

〜に関してのって意味!

と 説明しました。

有名な諺を引用しますね

There is no use crying over split milk.

こぼれたミルクを(にかんして、)嘆いても仕方がない

→覆水盆に帰らず

皆さんも、前置詞について一度じっくり 取り組んで学習してみてくださいね!

底力がつきます!

ハロー通訳アカデミーでの

推奨 文法本はこちらでした

image.jpeg

さて、英文に戻りますが、

動詞は lie

〔ある状態{じょうたい}の〕ままでいる[ある]

dormant は形容詞 休止状態である

Never がついてるから、

決して休止状態のままでない

→ 意訳で→決して終わる事はない

ではないかなー⁉

と文の構文をラインで返信(*^_^*)

「わかった」と返ってきました(*^_^*)

訳文って

難しいのですが、

「どのように、より高い教育に資金を供給するかの論争はずっと続いている。(休止状態にならない)」

といった感じでしょうか?(*^_^*)

PC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする