スポンサーリンク

真田広之の素晴らしい英会話力で知る英語の区切りについて

広告HEAD

映画ラストサムライ以降、アメリカで活躍の場が増している真田広之さんのインタビューを見て(聴いて)下さい。このページ一番下にリンクがあります。

ネイティヴ並みの会話力ですよね!
ゆっくりと、適切な文脈で区切りながら、
アクセントとイントネーションの強弱で感情を込めながらの素晴らしい話ぶりだと
思います。

今日 お話したいのは、英文を聞く時、暗記する時、話す時に 非常に重要な 『区切り』についてです。

ラジオ講座
を聞かれた方はわかると思いますが、長い英文を、リピート練習する場合に
区切って話してくれる時間がありますよね。

その時に、区切って短くなった英語のかたまり。それは デタラメな塊ではないんですよね。
キチンと 意味のかたまりで区切られているはずです。

ですので、自分のテキストに 区切りの場所に
スラッシュ記号 /
を、是非書いていってください

そして、かたまり、かたまりで 暗記する練習をしてくださいね。

この練習は、長いニュースやインタビューを聞き取る際にとても役立ちます。

自分が話す時に 区切る場所を適切に 取り入れて話せるようになる必要もあります。

区切る場所が 変で、そこに間が空いてしまうと、ネイティヴの人に理解してもらうのが難しいかと思います。

アルク社の イングリッシュジャーナルなどの英語情報雑誌には 原文に スラッシュ /
が 記入されています。

そのスラッシュの場所で区切った スローバージョンもCDに収められている場合もありますので、

本屋さんに足を運んで、スラッシュ入りの英文が掲載されている CD付きの英語雑誌を
選んでみてはどうでしょうか?

英語を聞く時、
話す時、
暗記する過程
で、かたまりで 理解する習慣をつけると
英語レベルアップに確実につながりますよ♫

大人になってから 渡米し 英語を学んでものにした真田広之さん。

大人になってからであっても
英語耳はつくし、話せるようになるという
素晴らしいお手本ですね(*^_^*)

継続は力なり

頑張りましょう〜

真田広之さんの英語インタビュー

PC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする